トップページ > 住まいの安心・安全 > 室内環境汚染(対談)

室内環境汚染(対談)

室内環境汚染と無縁の住宅づくり

住宅やマンションの建材や内装材に使われている化学物質による「室内環境汚染」や「シックハウス」の問題がクローズアップされています。この問題に着目し、いち早く警鐘を鳴らしてこられたのが、サイコセラピストで住環境研究家の能登春男先生と夫人のあきこ先生です。お二人に、現代の住まいの問題点や健康な住まいづくりの方法についてお話をおうかがいしました。

聞き手 社団法人日本左官業組合連合会
第六代会長  池本 孝

※項目をクリックすると本文へジャンプします

1. 不可解な症状が次々と襲う

2. 複合慢性中毒および化学物質過敏症と診断

3. 「室内環境汚染」問題に警鐘を鳴らす

4. より早く、より安くの家づくりが伝統工法を駆逐

5. 最終的には経済的になる健康住宅

6. 若い感性にもマッチする塗壁を

プロフィール
能登春男、あきこ夫妻
住環境研究家 サイコセラピスト(心理療法家)
能登春男 (のと はるお) 能登あきこ(のと あきこ)
ユーサイキア研究所主宰
国際トランスパーソナル心理学会会員
日本ストレス学会会員
日本臨床環境医学会会員
室内環境学会会員
日本住宅会議会員
国立公衆衛生院住環境衛生学講師
国際トランスパーソナル心理学会会員
日本臨床環境医学会会員
室内環境学会会員

1994(平成6)年、新築マンションで心身の不調を体験したのをきっかけに、室内環境汚染の問題に取り組む。96年、夫婦の共著『住まいの複合汚染』(三一書房)出版。大きな反響を呼ぶ。97年『住まいの環境度完全チェック』(情報センター出版局)刊行。他に共同執筆で『住宅白書1998-住まいと健康』(ドメス出版)など。 サイコセラピストとして活躍する一方住環境研究家として住まいと健康問題についての研究・執筆・講演など、啓蒙活動を全国各地で行っている。

1.不可解な症状が次々と襲う

室内汚染の健康への影響

室内汚染の健康への影響

≫もっと見る


2.複合慢性中毒および化学物質過敏症と診断

自覚しやすい症状 自覚しにくい症状
短期的症状 頭痛・目のチカチカ・目の痛み・吐き気・息苦しい・じんましん・鼻炎・呼吸器系の症状・めまい、肩こり・下痢・皮膚炎・子供のアトピー・慢性疲労・腰痛 集中力がない・計算間違いが多くなる・もの忘れが多くなる・不安が強くなる・多汗・不眠・悪夢・情緒不安定・疲労・視野が暗くなる
長期的症状 ぜんそく・花粉症・口内炎・アトピー・老化現象(白髪・抜け毛)・慢性疲労・自律神経異常・視野狭窄、視力の低下・冷え症・食欲不振・うつ症 思考力の低下・意志が弱くなる・判断力の低下・無気力・関節炎・リューマチ・自己免疫疾患・不定愁訴・流産・奇形児・ガン・精子の減少・不妊

≫もっと見る


3.「室内環境汚染」問題に警笛を鳴らす

有害科学物質を発生させる建材

有害化学物質を発生させる建材

≫もっと見る


4.より早く、より安くの家づくりが伝統工法を駆逐

かつての空気のめぐりのよい家

かつての空気のめぐりのよい家

≫もっと見る


5.最終的には経済的になる健康住宅

「健康住宅研究会」指定の有害6物質

1.ホルムアルデヒド
用途 合成の接着剤、建築用接着剤、防腐剤
毒性 発ガン性、アトピー、ぜんそく

≫もっと見る


6.若い感性にもマッチする塗壁を