トップページ > 資格・講習・福利情報 > 福祉関係 > 全国左官業国民年金基金事務局からのお知らせ

全国左官業国民年金基金事務局からのお知らせ

◎全国左官業国民年金基金事務局からのお知らせ

*     住基ネットを活用した現況届の廃止について

年金を受給されている皆様には、これまで毎年11月に「年金受給権者現況届」を送付させていただいておりましたが、平成23年8月の法律改正により平成24年度から国民年金基金連合会に委託し、住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)での確認が可能になったため

平成24年度から一部の地域を除いて現況届のハガキ提出は廃止になりました。

   下記の方については、今までどおりハガキの提出をお願いしております。

1.現在、住基ネットに参加していない市区町村に住民登録をされている方

2.何らかの理由(国外へ転出した場合など)で、住基ネットからご本人確認ができなかった方

 

*     国民年金保険料の後納制度に伴う国民年金基金掛金の取り扱いについて

平成24年10月1日~平成27年9月30日までの間に限り、厚生労働大臣の承認を受けた上で、過去10年間について時効により納付できなかった期間の国民年金保険料を納付することができるようになりました。

   しかし、この制度を利用し納付期限から2年以上経過し、時効となった10年以内の国民年金保険料を納付された場合でも、国民年金基金の年金額には反映されませんのでご了承願います。

  基金の規約上、国民年金の保険料が時効になった分の基金掛金は、誤納掛金となり、還付(ご返金)することとなっております。

 

*     AIJ投資顧問株式会社への運用委託について

全国左官業国民年金基金では、加入者の皆様からお預かりした掛金を、国民年金基金連合会にて共同運用を行っております。

これは、社会的信頼性を加味し、スケールメリットを生かした安全かつ効率的に運用するためです。2012年2月24日付けで金融庁より業務停止命令を受けたAIJ投資顧問株式会社への資産運用の委託は、過去を含めて一切行っておりません。