トップページ > 住まいの安心・安全 > リフォーム事例集 > リフォーム事例集(外装リフォーム)

リフォーム事例集(外装リフォーム)

使用材料

 補修に使用する材料は、劣化状態に相応した的確なものを使用しなければなりません。左官が元来、使用する材料は伝統的に無機質が多いのですが、補修・改修で使用する材料は有機質の合成樹脂の単独や無機質と併用したりして多様であります。そのため、材料の取り扱いには化学的知識と経験が必要とされます。ここでは最も一般的に使用される材料だけを列記しました。

【1】ポリマーセメントモルタル

 ポリマーセメントモルタルは、セメント、細骨材にポリマーディスパージョンまたは再乳化形粉末樹脂を混合したモルタルで、合成樹脂と細骨材だけで構成される樹脂モルタルとは区分されています。また、セメントモルタルに比べると接着性、防水性、乾燥収縮性、耐薬品性、耐磨耗性、耐衝撃性などが向上するほか、中性化の抑制にも効果的です。

 ポリマーディスパージョンとしては、スチレンブタジエンゴム(SBR)系ラテックス、アクリル酸エステル(PAE)系エマルション、エチレン酢ビ(EVA)系エマルションが、また再乳化形粉末樹脂としてはアクリル系、酢酸ビニル系の樹脂が多く用いられています。用途としては、コンクリート表面の下地調整・補修、床・階段等の舗装、タイル等の目地材、接着材、防水材などに使用されています。

ポリマーセメントモルタルを使っての欠損部充てん工法
欠損部の確認 ポリマーセメントペーストの塗布 ポリマーセメントモルタルの充てん
【2】エポキシ樹脂

 エポキシ樹脂は、末端に反応性の強いエポキシ基を持つ樹脂、エピクロルヒドリンとビスフェノール類または多価アルコールとの反応によって作られ、アミン類などによって反応硬化します。接着性や耐薬品性に優れているため、接着剤、樹脂モルタル、注入材、塗り床材、塗料などに広く用いられています。

 注入工法に用いられるエポキシ樹脂接着剤には,注入用エポキシ樹脂と注入後の穴埋用エポキシパテがあります。

1.注入用エポキシ樹脂接着剤

グリスポンプでの
エポキシ樹脂注入

注入に用いるエポキシ樹脂接着剤は,JIS A 6024(建築補修用エポキシ樹脂)の3.1 ~3.4 の規定に適合する性質を有する物を使用しなければなりません。また部分注入に用いるエポキシ樹脂は,グリス状又はマヨネーズ状と言われる高粘度のタイプを用います。

2.穴埋め用エポキシパテ
注入後の穴埋めに用いるエポキシパテは,ノンサグ型パテ状のエポキシ樹脂です。
【3】エポキシ樹脂モルタル

 エポキシ樹脂モルタルは,均質で有害と認められる異物の混入があってはならなく製造後6 ヵ月保存によって,変質するものであってはなりません。

【4】ピンニング用アンカーピン

様々なアンカーピン

 ピンニング工事に用いるアンカーピンは,ステンレス鋼棒の規格(JISG4303)に適合した物で,かつSUS-304 に適合し,寸法(長さ及び径)は使用目的に適した物でなければなりません。


【5】セメントスラリー

セメントスラリー注入器

 セメントスラリー工法は外壁のモルタル仕上げ等の浮き間隙幅が,0.8mm以上の場合に浮き部分の要所をアンカーピンを用いてエポキシ樹脂で固定した後,浮き部分にポリマーセメントスラリーを注入して,浮き補修する施工法です。

 ポリマーの材質は,エチレン酢酸ビニール系共重合体,スチレンブタジエン系共重合体,アクリル系共重合体のいずれかの物を用います。セメントスラリーは均質で,有害物を含んでいてはなりません。また、使用するポリマーは製造後6ヶ月間の保存によって変質するものでもいけません。


モルタル仕上げのリフォーム工法

 改修工事は居住者の日常生活,生産,営業活動の中で,それらを損ねることなく,居住者,第三者への安全を確保し,更に近隣住民の生活,感情等の対策も考えながら,工事の管理を行わなければなりません。

 改修工事の施行管理にも増して居住者,第三者,近隣住民に対する安全対策,特に事前連絡,協力要請,報告等住民とのコミュニケーションを良くし,その協力を得ることが改修工事の成功に不可欠であります。


モルタル補修の概念

 区分A:劣化が微細であり、下地層まで及んでいない状態。
 区分B:劣化が激しく、下地層から処置しなければならない状態。

【1】U カット可撓性エポキシ樹脂充てん工法

 可撓性エポキシ樹脂を使用することで補修表面の塗装が可能になり、補修跡を被うことができます。この工法はひびわれの成長がないと診断された際用います。

  1. ひびわれに沿ってノミ又は電気カッターを用い,U 形にカットします。
  2. プライマーを塗布します。
  3. 可撓性エポキシ樹脂の混練しヘラガン器を用いカット部へ可撓性エポキシ樹脂を充てんします。
  4. もり上がった部分をサンダー掛けします。
  5. 付着した汚れ等を除去します。
【2】U カットシーリング材充てん工法

 成長が予想されるひびわれをシーリング材の弾性により追従性を持たせ同時に防水性気密性をも合せ持たせることができる工法でモルタル一体化する必要のない場合に用います。

  1. ひびわれに沿ってノミ又は電動カッターを用い,U 字形にカットします。
  2. 削り粉はワイヤブラシなどを用いて十分清掃します。
  3. 被岩体の乾燥を確認した後プライマー塗布しシーリング材の充てんします。
  4. プライマー指触乾燥後シーリング材を充填し,ヘラ等で表面を押えます。
【3】アンカーピンニング注入併用工法

 この工法は、外壁モルタルの浮き部分を躯体コンクリートに密着させるために穿孔部分にエポキシ樹脂を充填し、これにステンレス製のピンを挿入して、躯体コンクリートにアンカーするとともに、浮き部分も接着固定する工法でこれをアンカーピンニング工法といいます。

  1. モルタル仕上の壁面に対して,テストハンマー等の打診具を用いて,浮きの状態を調べます。
  2. チョーク等のマーキング材を用いて浮きの範囲と注入孔の位置を示す印をつけます。
  3. 穿孔はコンクリート用ドリルを用い,使用するアンカーピンの直径より約2mm大きい直径とし,マーキングにした外壁面に直角に穿孔します。穿孔の深さは躯体コンクリートに30mm以上とします。
  4. 浮き範囲が広い場合の穿孔は,ドリルの震動により,ふくらみや剥落しそうな部分に振動が加わるので注意して穿孔します。
  5. ピンニング孔と注入孔は穿孔深さがちがうので確認して作業を行います。
  6. 穿孔完了後,孔の中の切粉等を掃除機,ブロアー,またはゴム製スポイトを使用してよく清掃すします。
  7. 可使時間内に使いきれる量の主剤及び硬化剤を計量器を用いて正確に計量します。混練は気泡を巻き込まぬよう,色合いが均一になるまで入念に行います。
  8. アンカーピン固定用エポキシ樹脂をグリスガンを用いて穿孔部の最深部より徐々に充でんします。
  9. 注入完了後,直ちに規定のアンカーピンを穿孔最深部まで埋め込みます。その際,アンカーピンの頭が表面より出ないように事前に適当な長さに切っておきます。アンカーピンの固定は夏期12 時間,冬期24 時間以上は衝撃を与えないよう養生させます。
  10. 注入用エポキシ樹脂又はポリマーセメントスラリーを,手動式,機械式等により適切な注入圧を保ちながら注入します。
  11. アンカーピンニング及び浮き部の注入孔をパテ状エポキシ樹脂等で充てんします。
【4】自動低圧注入

 ひび割れ部分及びモルタル浮き部分をエポキシ系注入材で注入を行ないますが、ひび割れ幅0.2mm~0.25mmと小さい部分では手動式低圧樹脂注入工法を用います。

 代表例を紹介します。

  1. ひび割れに沿って,座金付注入パイプをセットします。
  2. シール材(パラフィン系)を塗布し,シールの硬化を待ちます。
  3. シリンダーにエポキシ樹脂を入れて,ストッパーをかけます。
  4. シリンダーを座金に取り付け加圧ゴムをセットしストッパーをはずして注入させます。
  5. 注入材が硬化したら,座金をはずし,シール材を撤去させます。
【5】ポリマーセメントモルタルによる欠損部充てん工法

 モルタルが欠けたり剥落した箇所はポリマーセメントモルタルやエポキシモルタルで欠損部を充填します。欠損部が深かったり、広い場合にはアンカーピンや補助筋なども使用します。

 代表例を紹介します。

  1. 欠損部及び欠損部周辺の脆弱部分を目視で確認し,補修範囲を決めます。
  2. 欠損部周辺の脆弱部分をハンマー等で軽い打撃を与えて除去します。
  3. 部分的に露出している鉄筋は,ワイヤブラシ等でケレンし、下地部分はワイヤブラシ等で汚れやほこり,油などを除去し清掃します。
  4. 予め調合したポリマーセメントペーストを塗布します。
  5. 欠損の状態により1から3 層に分けて,予め調合したポリマーセメントモルタルを充てん、または塗りつけます。各層の塗厚は1度に厚塗りをせず7 mm程度とします。
  6. 表面をコテで仕上げます。
  7. 各層とも急激な乾燥を避け,適切に養生させます。
【6】エポキシモルタルによる欠損部充てん工法
  1. テストハンマーを用いて打診し,剥がれ・剥落の恐れのある部分を確認し,欠損部周辺の脆弱部の補修範囲を決定します。
  2. コンクリート欠損部分表面の脆弱部分等をハンマー及びワイヤブラシ等でケレンし,汚れやほこり,油などを除去し清掃し、露出している鉄筋はワイヤブラシ等でケレンし錆を落とします。
  3. プライマーをハケを用いて塗りのこしのないように塗布します。
  4. プライマーの付着性のあるうちに,エポキシモルタルを押えつけながら重ね塗りまたは,充てんします。充てん重ね塗りは躯体コンクリート表面で区切ります。但し,欠損部が30mm以上ある場合で必要がある時は,アンカーピンを固定し,補助筋で補強します。
  5. 表面を金ゴテで仕上げます。
  6. 仕上後,夏期は12 時間以上,冬期は24 時用間以上養生させます。
【7】セメントスラリー工法

 外壁のモルタル仕上げ等の浮き間隙幅が,0.8mm以上の場合に浮き部分の要所をアンカーピンを用いてエポキシ樹脂で固定した後,浮き部分にポリマーセメントスラリーを注入して,浮き補修する施工法です。この補修方法は、部分張替工法に比べ、外観色調を変えることなく、また、工事に伴う騒音も少ないので、使用中の建物に対し、多く適用されています。

  1. スラリーの注入孔は,その直径をl0mmから13mmとし、コンクリートドリルで下地コンクリート躯体に達するまで正確に穿孔し、注入孔の相互の間隔は約600mmを標準とします。
  2. 注入は下方にある注入孔より順次上方に向って行いきます。他の注入孔からの注入対流出を確認してから,隣りの注入孔に移ります。
  3. 注入材の流出した孔はコルク栓などを用いてすばやく注入材を止め硬化を待ってこれらを確実に除去します。
  4. 注入は、機械注入または手動による方法とし、正常な注入に支障が生じないよう適切な注入圧を確保しながら行ないます。
  5. 注入中に壁面などに漏出した注入材があれば直ちにこれを除去し、水刷毛などを用いて充分洗浄します。
  6. 注入後、3 日間は注入部分に振動や衝撃を与えてはいけません。

セメントスラリーの注入


左官塗り替え工法

 既存建築物の再活性化,つまり建築物の耐久性向上を附与する工法でもあります。改装における旧仕上層を除去をしその後,下地調整をおこなってから塗り替えする工法と旧仕上層を生かして塗り替える工法があります。

【1】旧仕上層を除去し塗り替えする工法

 旧仕上層を除去するときはケレン棒,皮スキ等の工具を使用します。撤去後,鉄部の露出個所があれば錆止めの処理をします。旧仕上げ材が繊維壁等はアク,シミの影響を受けるためアク止め剤を塗布します。

仕上げ層の剥離・除去の方法は、

  1. 電動工具による方法
  2. ケレン棒等による手工具による方法
  3. 剥離剤(繊維壁用や吹付用が販売されている)による化学的処理による方法
  4. サンドブラスト工法による方法

例:旧仕上層が弾性の吹付の場合には剥離材を用いて軟化させてケレンする

などがあります。旧仕上げ層の剥離・除去の作業が完了した後は,雨漏れ,水漏れ,鉄筋錆び等の調査をおこない,コンクリート・モルタル等の脆弱部分の劣化を補修し下地調整をおこないます。

【2】旧仕上層を生かして塗り替える工法

 成長が予想されるひびわれをシーリング材の弾性により追従性を持たせ、同時に防水性気密性をも合せ持たせることができる工法で、モルタル一体化する必要のない場合に用います。

  1. 旧仕上げ層に接着強度があり,けづり取らないで再化粧をする場合は,下地のアク,シミの影響を受けるため,アク止め塗りをします。水引き後、下地が露出しないように全面こて塗り後,追いかけてむら取りをおこない仕上げます。
    例:旧仕上層が硬質吹付タイルで十分下地との接着が良好の場合は、吹付タイルの凹凸面をポリマーセメントモルタルで平滑にして再度化粧仕上げをおこないます。
  2. 旧仕上層の落下防止や再化粧を目的とする工法です。したがって,旧仕上層に対し含侵下地強化剤,水性合侵剤をローラー等で全面に塗布します。
    例:旧仕上層に浸透固化剤を用いて、セメントシリンや吹付等層が劣化、詭弱化し、さわって砂状に落ちるような現象が見受けられる下地に、浸透固化剤を塗布して固め、その上にポリマーセメントを塗ります。
【3】仕上げの種類

 仕上げの種類を大別すると次のとおりになります。

  1. しっくい仕上げ
  2. せっこうプラスター仕上げ
  3. ドロマイトプラスター仕上げ
  4. 繊維質上塗り材仕上げ
  5. セメントスタッコ塗り仕上げ
  6. 床仕上げ
【4】外壁複合改修工法

 劣化や損傷を受けたコンクリート下地の外壁に適用された補修・改修に対する在来工法は,アンカーピンニングやエポキシ樹脂注入あるいは樹脂モルタルによる充填などでありますが、劣化や損傷の状況に応じて,これらの工法を併用したり,既存の仕上げであるモルタルや陶磁器質タイルをはつり取り,その後で塗替えたり,張替えたりしてゆく工法です。この工法は,コンクリートを下地とする建築物の外壁が劣化した場合に,既存の外壁仕上げ層(湿式工法のタイル張りやモルタル塗り)を撤去しないで下地の上に存置したまま,アンカーピンと繊維ネットで押えて改修します。アンカーピンによる仕上げ層の機械的な剥落防止効果および繊維ネットと塗付け材料による仕上げ層の一体化や面的な補強効果をもたせて,外壁の耐久性向上を図るとともに予防保全効果を付与して,剥離や剥落の防止に有効性が高い改修工事を実施する技術でもあります。

 当該工法を適用して改修された外壁は、下図 に示されるような断面構成となります。


外壁複合改修構工法の断面構成

 適用するアンカーピンの形状や繊維ネットの種類によって詳細な施工仕様は異なります。

代表的な2工法の比較
【5】ピンネット工法

 既存モルタルを丁字型ステンレスピンにより部分結束させ,表面よりポリマーセメントモルタルを塗り付け,これにポリエステル又は,ガラス製ネットをすり込むことにより,既存モルタルを集成板的に活用させる工法です。既存モルタルの浮き,ひびわれに関係なく施工ができるので予算立てが容易で,ひびわれの再発生が少なく,作業が比較的容易でコストが安い等の特色が有ります。

1. T字型ステンレスピン 2. ピンのたたきこみ 3. 繊維状ネットのふせこみ