トップページ > 資格・講習・福利情報 > 福祉関係 > 国民年金基金の加入資格

国民年金基金の加入資格

 国民年金基金に加入できる方
 20歳以上60歳未満の自営業・自由業などの国民年金第1号被保険者

 したがって、次のような方は、加入できません。

 (1)厚生年金保険や共済組合に加入しているサラリーマンの方(国民年金の第2号被保険者)

 (2)厚生年金保険や共済組合に加入しているサラリーマンの方の被扶養配偶者(国民年金の第3号被保険者)

 但し、国民年金の第1号被保険者であっても、次の方は加入できません。

 (3)国民年金の保険料を免除されている方(一部免除・学生納付特例・若年者納付猶予を含みます)

 (4)農業者年金の被保険者の方

 国民年金との関係は

 (1)国民年金基金に加入した方は、国民年金本体の保険料を滞納した場合、その滞納期間に対する基金の年金給付は受けられません。(国民年金本体の保険料を滞納した期間に国民年金基金に納めた掛金は還付されます。)

 (2)国民年金基金に加入した方は国民年金の付加年金の保険料(月額400円)を納付することはできません。(納付している方は市町村の窓口にて辞退する旨の届出が必要です)

 

 加入員資格を喪失し、脱退することとなる時=届出が必要です。届出用紙はこちら

 加入員資格を喪失し、脱退することとなる時

(1) 60歳になったとき
(2) 国民年金の第1号被保険者でなくなったとき
(3) 該当する事業または業務に従事しなくなったとき
(4) 国民年金の保険料を免除されたとき
(5) 農業者年金の被保険者になったとき
(6) 加入者本人が死亡したとき

 

加入員の資格を喪失した場合には、基金に支払った掛金は途中で引き出すことはできませんが、掛金を納めていただいた期間に見合った年金を将来お受け取りいただきます。

 

~CONTENTS~